掲 示 板

瀬田玉川神社について

ご祈祷のご案内

お神輿について

瀬田・玉川地域の歴史

交通案内

瘡守稲荷神社について

ENGLISH

リンク集

 

〒158-0095
東京都世田谷区瀬田4-11-31
TEL・FAX   03-3700-3829


  御 祭 神

 日本武尊(やまとたけるのみこと)
 第12代景行天皇の皇子で国土開拓の祖神として幾多の英雄的信仰を背負った神様です。

 大己貴命(おおあなむちのみこと)
 一名大国主の命と申上げ人造り国造りの神として信仰厚く、国土の経営に当り、また医薬を教え夫婦和合の
 道を説きました。


 少彦名命(すくなひこなのみこと)
 大国主の命の国造りの大業に協力した神様です。

 ○境内末社 稲荷神社 倉稲魂命(うかのみたまのみこと)

  例 祭 日

  10月第3日曜日
 
 

    年間の主祭事

  1月 1日 元旦祭
  2月     初午祭(稲荷神社)
  4月 1日 祈年祭
     15日 瘡守稲荷神社例祭
  6月30日 大祓(夏越)
  9月 1日 風祭
 12月 1日 新嘗祭(新穀感謝祭)
     27日 大祓(年越)
 毎月1日・15日 月次祭 

  
神社の歴史

  明治18年に役所に提出した旧社名「御嶽神社」の書類には、その由緒として、「戦国時代の永禄年中(1558〜70)に、この村の下屋敷に勧請し、その後、寛永3年(1626)、瀧ヶ谷に長崎四郎右衛門嘉国が寄付をして遷宮した」とあります。
  また、当社に保存する棟札には、元禄8年(1695)9月、長崎四郎左衛門嘉満、又四郎嘉包が、子孫の長久繁栄を祈願して、拝殿一宇(棟)を造営したと記録されています。

  明治41年には、在郷の小社数祠を合祀して、同年4月1日従前の御社号、御嶽神社を地名により「玉川神社」と改称しました。     大正3年に社殿を改築し、同12年には関東大震災の被害を受けて補修が行われました。
  昭和41年9月、台風26号の猛襲を受け、境内の樹齢7〜800年の東京都指定天然記念物の赤松が惜しくも倒れ、これを契機に社殿並びに社務所の新築に取りかかり、同43年11月に完成を見ました。

TOP