掲 示 板

瀬田玉川神社について

ご祈祷のご案内

お神輿について

瀬田・玉川地域の歴史

交通案内

瘡守稲荷神社について

ENGLISH

リンク集

 

〒158-0095
東京都世田谷区瀬田4-11-31
TEL・FAX   03-3700-3829


  御祈祷のご案内

  当社では、ご家族皆様の幸せを願う家内安全、身体安全祈願を始め、厄祓い、受験生    の合格祈願、そして会社の隆昌を祈念する社運隆昌、商売繁盛、地鎮祭や新居移転のお祓いなどの出張祭典など執り行っております。
  ご希望の際は、必ずお電話(03−3700−3829)にてご予約ください。
  お正月や七五三などの時期は、何組かご一緒のご案内をさせて戴くことがありますので   予めご容赦下さい。
  また、お車でお越しの方は、当社境内にお止めいただけます。

      主なご祈願

   家内安全 交通安全 商売繁盛 開運厄除 身体健全 病気平癒 安産祈願

   学業成就 初宮詣   七五三   神前結婚式 地鎮祭 工事安全祈願祭

   新居移転修祓式(新しい住宅やマンションに入居するに当たっての清め祓い)

   新年祈願祭(個人様の家内安全や会社様の商売繁盛祈願など) など
  
 
○初宮詣について
  
初宮詣は、1つは氏神様をお参りすることにより、誕生した子供を氏子の一員として承認し てもらうこと。2つ目には未だ生命が不安定な状態にある新生児が、氏神様の御神徳により 力強い生命力を得て、無事に成長すること。3つ目には、子供が産土神(うぶすなのかみ、  氏神様)の御分霊を賜り、この世に生をうけたとする信仰に基づき、これに感謝をすることの 意味があると言われています。
  その時期については、男子が誕生後三十一日目、女子が三十二日目に参るのが一般的  なようですが、最近では特に厳密ではなく、それぞれの都合にあった良き日を選んでお参り  する方が多いようです。
      

  ○七五三参りについて
 11月15日に晴れ着に着飾った子供が神社に参詣することを七五三詣などと称し、神様に今まで無事に過ごしてきたことに感謝し、今後も健やかに成長することを祈ります。
  この行事については、3歳の男女の場合は髪置(かみおき) といって、頭髪を伸ばし始めることを、5歳の男子の場合は袴着(はかまぎ)といって初めて袴を着用することを、また7歳の女子の場合には帯解(おびとき)といって幼児用の紐を解き大人と同じ帯を用いることを表し、子供の成長を社会的に認知するために行われてきた通過儀礼を起源としています。

 ○厄祓祈祷について
  厄年の年齢は、人の一生の中でも、体力的、家庭環 境的、あるいは対社会的にそれぞ 
 れ転機を迎える時でもあり、災厄が起こりやすい時期として忌み慎まれています。
  その年に当っては、神様のご加護により災厄から身を護るため、神社に参詣して厄払祈祷 が行われます。
  厄年は、数え年(産まれた時に1歳、それ以降正月を向える度に1歳年齢を重ねる数え方) の男性が25歳、42歳、61歳。女性が19歳、33歳、37歳で、その前後の年が前厄、後厄 と称しています。

○一年のはじめは、氏神さまにお参りしましょう。 
〇新年の祈願祭について
 ・厄除祈願については、10時・11時・12時・13時・14時・15時・16時に承ります。
  厄除以外のご祈願については、○○時30分・〇〇時45分に承ります。
  ご祈祷の始まる10分前には、神符授与所にお越し戴き、受付をしてください。ご祈祷をされる方は、参拝の列に並ばず、直接神符授与所(1月9日まで開いています)にお越しになられることをお勧めします。
  お正月三が日と土日祝日については、上記の通り承りますが、なるべく事前にご予約くださいますようお願い申し上げます。

〇お焚き上げについて
 
 境内に古いお札を納めるテントを設置しますので、そちらにお納めください。テント脇に納める場合の注意事項が記載されておりますので、必ず決まりをお守りください。テントは1月9日に撤去しますので、それまでにお持ちください。
〇自動車、自転車の駐車について
 
 境内に駐車できますが、限りがあります。その場合は近隣の有料駐車場等をご利用ください。

                                                       TOP